【アメリカで大人気】ホワイトボードアニメーションとは?

自社の商品やサービス内容などを分かりやすく伝えるのって、意外と難しいですよね。
「効率的なプロモーションを実現するために、動画を制作したい!」と思われたことはありませんか?

しかし、動画制作の担当者様のなかには

  • どんな動画を作ったらいいの?
  • 伝わりやすい動画ってどんなものがある?

    とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

    そんな方にぜひ検討していただきたいのが、ホワイトボードアニメーションです。
    アメリカで生まれたアニメーション手法で、人がホワイトボードに描写している様子をリアルタイム風に見せる表現方法です。
    実写で見せるのが難しい商品やサービスの概要などを効果的に伝えられることから、注目を集めています。
    YouTubeなどでも見かけるようになったので、ご覧になったことがある方もいらっしゃるかもしれません。

    そこで今回は、

    • ホワイトボードアニメーションの特徴
    • ホワイトボ-ドアニメーションのメリット

      についてご紹介します。

       


      説明用・PR 用の動画を検討されている方へ


      ホワイトボードアニメーションの実例

      ホワイトボードアニメーションの実例 の画像

      まずはホワイトボードアニメーションの事例をみてみましょう。

       

      東京都にある「おせっかいサロン」の紹介映像です。
      「おせっかい?なにそれ?」という疑問に的確に答えてくれる動画に仕上がっており、手書きならではの親しみやすさを感じられる事例です。

       

      株式会社リコーのSDGs(持続可能な開発目標)の社内イベント告知用映像です。
      SDGsと聞いても、具体的に何なのか・どんなことをしているのか分かりにくいですよね。
      手書き風の図やイラストを使いつつ、テキストも適宜はいっているので、ビジネスの場にも使いやすいトーンに仕上がっています。

       


      伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


      ホワイトボードアニメーションの特徴

      ホワイトボードアニメーションの特徴 の画像

      ホワイトボードアニメーションには、ほかのアニメーション動画とは明確に異なる4つの特徴があります。

      • ホワイトボードに描き込んでいるようなアニメーション
      • 背景は白のみ
      • 手書き風で温かみがある
      • BGMや効果音は最低限

        ホワイトボードに描き込んでいるようなアニメーション

        ホワイトボードアニメーションは、その名の通り、ホワイトボードに情報を描きながらストーリー展開していくアニメーションです。
        まるで目の前でプレゼテーションを聞いているような感覚で視聴できるのが特徴で、話の展開が気になってつい最後まで観たくなる…そんな不思議な魅力があります。

        背景色は白のみ

        「ホワイトボードに描く」という世界観のアニメーションなので、基本的に背景は白です。
        その分、黒色のペンの筆跡やアクセントカラーが際立つ演出になっています。
        これにより、シンプルながらも印象に残るアニメーションに仕上がるのが特徴です。

        手書き風で温かみがある

        ホワイトボードアニメーションは、手書き風タッチの動画です。
        手描きの文字やイラストには、どこか「優しさ・思いやり」を感じますよね。
        手描き風のタッチと、語り掛けるようなナレーションの相乗効果で、動画に温かみを持たせられるのが特徴です。

        BGMや効果音は最低限

        ホワイトボードアニメーションの多くは、ナレーションがついています。
        そのほとんどが、目の前の人に語りかけるような聞きやすいトーンです。
        BGMは入れないか、ナレーションを邪魔しないさりげないレベルに留めておくことがポイントです。
        これにより、視聴者の視覚(アニメーション)と聴覚(ナレーション)に訴えかける効果があり、動画の理解度を向上させる効果が期待できるのです。

         


        説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


        ホワイドボードアニメーションを作るメリット

        ホワイトボードアニメーションをつくるメリット の画像

        ホワイトボードアニメーションは、よく見かけるモーショングラフィックスなどとは映像のトーンが違います。
        では、ホワイトボードアニメーションならではのメリットとはなんでしょうか?次の3つが挙げられます。

        • 形がない商材でも分かりやすく内容が伝わる
        • シンプルだけでなく、アート性の高い表現も可能
        • 心理学者も理解度向上を認めている

          どのような違いがあるのかみてみましょう。

          形がない商材でも分かりやすく内容が伝わる

          ホワイトボードアニメーションを作成するときは、あらかじめペンで描く内容をしっかり決めておき、ンプルで分かりやすい動画に仕上げることが大切です。
          人物やチャートなどを使いながら動きをつけることで、文字だけでは伝わりにくい、形がない商材も分かりやすく説明できるのが大きなメリットです。

          シンプルだけでなく、アート性の高い表現も可能

          ホワイトボードアニメーションは、作品によってペン以外の小道具を使ったり、効果音を使ってコミカルな感じにしたりすることで、芸術性の高い動画に仕上げることもできます。

          この動画では、黒のペン以外にもカラフルな粘土で作られた動物などが登場し、アクセントになっています。
          またナレーションがないぶん、ゲームの電子音を思わせる特徴的なBGMと、たまに絵に合わせて聴こえてくる印象的な効果音により、まるでアートのような作品に仕上がっています。

          心理学者も理解度向上を認めている

          2012年、英国心理学者のリチャード・ワイズマン氏が動画視聴後の理解度に関する実験をおこないましたが、とても興味深い結果がでています。

          被験者を2チームに分け、1つは単純な実写インタビュー動画を、もう一方にはホワイトボードアニメーションを視聴してもらいました。
          その後、動画の内容に関する質問をし、それぞれのチームの理解度を測定しました。
          なんと、ホワイトボードアニメーションを視聴したチームのほうが、平均15%も理解度が高いという実験結果が出たのです!

          このように、ホワイトボードアニメーションの情報伝達力の高さは、人の心を動かすことに長けた心理学者のプロが太鼓判を押しています。
          動画を通して視聴者の興味関心を惹き、商品に対する理解度を深めてもらうために非常に効果的だといえるでしょう。

           


          わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


          まとめ

          今回はホワイトボードアニメーションの事例や特徴・メリットをご紹介しました。
          視聴者にもっと理解してもらえる、情報伝達力の高いアニメーション動画制作を検討中の方は、ホワイトボードアニメーションをぜひ候補に入れてみてはいかがでしょうか?

          ホワイトボードアニメーションは発想次第でクリエイティブな表現もできるので、オリジナリティーのある動画を制作したいとお考えの方にもおすすめですよ!

          この記事はお役に立つかも?

          動画を有効活用したマーケティングは「TSUTA-WORLD EXHIBITION」にご相談ください

          おすすめの記事