商品PRに効果的な方法は?主流は動画PR

自社商品をPRする方法はたくさんありますが、せっかくPRするのであれば、より多くの人に効果的に商品の魅力を知ってもらえる方法を選びたいですよね。

しかし、

  • 商品をPRするためにどんな方法が適しているのか分からない
  • 動画を使ったPRが増えているとは聞くけど、どうして?

といった疑問をお持ちの方も多いことでしょう。

そこで今回は、商品PRやマーケティングのご担当者向けに、

  • 商品PRの方法
  • 動画PRが主流になる理由
  • 動画PRの強み

をご紹介します。自社商品に合ったPR方法を検討する際、ぜひ参考にしてください。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


商品PRの方法

商品PRの方法 の画像

商品PRは、インターネットを介さないオフラインPRと、ネット上でおこなうオンラインPRの2つに分かれます。

  • オフラインPR:ダイレクトメール/新聞広告・ポスティング
  • オンラインPR:リスティング・アフィリエイト広告/SNS/動画

    それぞれの特徴をまとめました。

    ダイレクトメール

    個人宛や法人宛に、宣伝目的で送付される印刷物です。
    パンフレットを同封して多くの情報をまとめて送ったり、クーポンを添付して来店や購入につなげたりする効果が見込めます。

    新聞広告・ポスティング

    新聞広告は、新聞の紙面上に広告を出します。
    以前と比べて定期購読者数は減ってきたものの、シニア世代など一定の年代層の講読率はまだまだ高いです。
    新聞そのものが信頼性の高い媒体として評価されていることから、商品や企業の信頼性を高めたい場合に適しています。

    ポスティングは、チラシなどの販促物を各住戸のポストに投函します。
    低予算でチラシを制作し、指定エリア全戸にPRしたいときにおすすめです。

    リスティング・アフィリエイト広告

    リスティング・アフィリエイト広告は、どちらもネット広告に分類されます。

    リスティング広告とは、インターネットで検索した際、検索結果と一緒に表示される広告です。
    設定したキーワードで検索したユーザーに対して広告を表示させるため、ターゲット層に効率よくアプローチできるのが特徴です。
    表示されただけでは費用は発生せず、ユーザーが広告をクリックしたときに費用が発生します。

    アフィリエイト広告も、リスティング広告と同じく、表示されただけでは費用が発生しません。広告をクリックし、その先のWebサイトでユーザーが商品を購入したり、資料請求や問い合わせをした際にはじめて費用が発生します。

    SNS

    SNSを使ったPRは、コストを抑えて継続的に自由な情報発信ができます。
    昨今、ユーザーと企業、双方向のコミュニケーションによる信頼関係づくりが重要視されており、多くの企業が参入しています。
    話題性の高い投稿はメディアに取り上げられる可能性があるほか、ユーザー間での拡散効果も期待できるでしょう。

    動画

    動画は色使いやアニメーションなどを用いて、視覚的に分かりやすく表現できます。
    また、音とナレーションを併用することで聴覚的にも印象に残りやすいコンテンツです。
    目で見る情報・耳で聴く情報を組み合わせて表現できる動画は、静止画や紙媒体の広告に比べ認知度、コンバージョン率共に2〜3割も高いのです。動画を使った商品PRは、これからますます注目を集めることでしょう。


    従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


    動画PRが主流になる理由

    動画PRが主流になる理由 の画像

    動画PRが主流になる理由は、文字やイラストや写真などにはない独自の強みがあるからです。

    ここでは、動画の5つの強みをご紹介します。

    インパクトが強い

    人の記憶には、言語(Verbal)・聴覚(Vocal)・視覚(Visual)の3つの要素が影響するといわれています。
    動画には、文字・音・映像やアニメーションがぎゅっと詰め込まれており、上記3つの要素がすべて含まれています。(3Vの法則と呼ばれます)
    つまり動画は人の記憶に残りやすく、インパクトが強いコンテンツといえるでしょう。

    内容をわかりやすく伝えられる

    言葉や図だけでは伝えづらいことも、動画なら一瞬でわかりやすく伝えられます。その伝達力は、静止画に比べなんと5000倍とも言われています。
    さらに、アニメーションやナレーションを適宜加えることで、より分かりやすく表現できるのも動画PRの強みです。

    伝えられる情報量が多くなる

    動画PRは、伝えられる報量が格段に多く、1分間の動画はWEBページ3600枚分に相当するとも言われています。

    テキストや写真などの他のコンテンツに比べ、高い訴求効果が期待できるのです。

    低コストで制作できるようになった

    一昔前まで、動画制作はとてもコストがかかることでした。
    高性能・高画質なカメラや照明で撮影し、専用の編集ソフトを駆使して画質や色味を細かく調整し、音の性質にこだわって良いものを作る…というのが、従来の動画制作でした。

    しかしWebや動画PRの制作において、そこまで高品質な動画は必要ありません。
    ハイスペックな機材がなくても、動画制作が可能な時代になりました。
    撮影がコスト的に難しければ、簡単なアニメーションを利用して伝える方法もあります。
    発信したい情報に適した方法で動画制作をすることで、低コストに動画制作ができるようになったのです。

    拡散力が高い

    動画PRはSNSとの相性が良いことでも知られています。

    SNSでは、ユーザーが「面白い」「共感できる」と感じた投稿は、どんどん拡散されていきます。
    しかし拡散効果を狙うには、人の目を惹きつけ、かつ多くの情報が正確に伝わるコンテンツでなければいけません。

    その点、動画PRであれば動きを伴うので、文字だけのコンテンツよりも人の目を惹くことができます。
    また文字・音・映像やアニメーションによって多くの情報を分かりやすく、瞬時に伝えられます。
    情報の流れが速いSNSにおいて、動画PRはユーザーの共感を得るのに最適なコンテンツなのです。
    SNSや媒体によってユーザー層は異なるので、それぞれに合った動画を制作することで、高い拡散効果を期待できるでしょう。


    わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


    まとめ

    商品PRの手法と、これから主流になっていく動画PRの強みをご紹介しました。
    弊社ではモーショングラフィックスの専門知識を活かし、訴求力の高いPR動画を制作できます。

    ぜひお気軽にご相談ください。

    おすすめの記事