インストリーム広告とは?媒体別に料金や秒数も紹介【YouTube】

YouTubeの広告のひとつであるインストリーム広告を、あなたは知っていますか?
いまさらインストリーム広告のことなんて聞けない!という方は必見です。

最後まで読むことによって、インストリーム広告についての知識が着くだけでなく、今後どういった戦略を練っていけばよいのかを考えられるようになりますよ!

インストリーム広告とは

インストリーム広告とは

インストリーム広告とは、動画に大きな画面で表示される比較的短い動画広告のことです。
スキップできるものとできないものがあり、スキップできるものは「あと5秒でスキップ」という案内が右端に表示されます。

また、インストリーム広告は2タイプの課金システムを設けていて、

  • 完全視聴タイプの課金方式
  • 視聴回数タイプの課金方式

など、動画をある程度視聴された場合に、企業に課金されていくシステムをとっています。

補足:インストリーム広告以外の広告

YouTubeには、インストリーム広告以外の広告もあることを知っていますか?

インストリーム広告と同時に使うことにより、効果的な宣言ができるとも言われています。

バンパー広告

バンパー広告は自動的に再生される広告で、スキップができません。表示されるごとに課金されていくシステムが採用されています。インストリーム広告との違いは、冒頭秒以外はスキップできる、一定時間再生されないと課金されないなどの点で違いが出る広告です。

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告は、動画視聴中に流れる広告のことで、表示されたリンクをクリックすると外部サイトへ移動ができるタイプの広告です。

課金システムは一定回数表示された場合に課金されるシステムを採用していて、インストリーム広告の内容をオーバーレイ広告で補足できるなど、同時に使うことでより効果的な広告となる特徴があります。

アウトストリーム広告

コンテンツの外に表示されるタイプの広告で、配信先がたくさんある点が大きな特徴といえるアウトストリーム広告は、小さな画面でも表示されるタイプです。

表示された場合に課金されていくシステムを採用していて、幅広い人に見てもらえたり、特定のサイト以外にも掲載できる広告なので、利用する企業は少なくありません。

インストリーム広告の仕組み

インストリーム広告の仕組み

インストリーム広告は、始めるときは難しく感じてしまいがちですが、使いこなせるようになることで、テレビCM以上に大きな効果を得やすくなるという動画広告です。

広告への支払い方も少々難しく、動画広告を掲載したいサイトやSNS、サービスにはよりますが、ほとんどがオークションや入札型などを採用していて、最低価格は数十円からはじめられるものから、目標数などを見て始められるものなど、大きな効果を秘めているのに対して、リーズナブルな価格で始められることが特徴です。

インストリーム広告の料金

インストリーム広告の料金

インストリーム広告の料金形式はサイトやSNSにもよりますが、主に3タイプにわけられています。

  • 広告視聴1回あたりの費用で決められるCPV形式
  • 視聴者の目に留まったタイミングで課金されるCPM形式
  • 広告費を元に自動設定される形式

など、以上の3タイプです。

形式ごとに単価は変わってきますが、Yahoo!でのインストリーム広告は例外とし、およそ単価3~20円で出稿することが出来ます。端的に言えば、1,000円を予算として動画広告の運用を始めることもできるということですね。

料金を決める際は

  • 御社の広告への予算から計算すること
  • リーチしたい人数から逆算していくこと
  • 損益分儀典から計算すること
  • 目標売上から計算すること

など、以上の方法で予算を決めてみることをおすすめします。

インストリーム広告を効果的に運用するポイント

インストリーム広告を効果的に運用するポイント

  • ターゲティングをあらかじめしておくこと
  • 動画を操作できるようにする知識を持っておくこと
  • 効果測定を必ず行うようにすること
  • スキップできるからこそ最初の数秒に注力すること
  • ABテストを行うこと

インストリーム広告のメリット

インストリーム広告のメリット

動画広告といわれると、少し難しい印象がありますが、料金面や宣伝効果における、あらゆる面からのメリットがあげられます。

中でも、小額から入札でき、途中でスキップされれば課金されないなどの点や、ターゲティングすれば見込み顧客に届き、購買行動につながるなどのメリットは、テレビCMを放送した時に比べると、得をするといえるのではないでしょうか。

また、最初の数秒は必ず見てもらえるというところでも、「自社を知ってもらう」という点では、押さえておきたいポイントともいえますよね。

インストリーム広告の出稿先

インストリーム広告の出稿先

インストリーム広告の出向先には、主にSNSや各種サービスがあげられます。

特に配信先としてあげられているところは、次の通りです。

YouTube

動画を見るために幅広いユーザー層がいるため、ターゲット顧客の認知を拡大することもできる動画共有サイトです。

Twitter

YouTubeに対して短めの動画が多く、15秒以内に収まることがほとんどです。

Facebook

20代や30代の利用が最も多く、ビジネスSNSとしても利用されているFacebookでは、飲食店や個人事業主などの登録者が多いです。

LINE

日本国内において、YouTubeと同じくらい利用者数が多いSNSですが、利用年齢層に若い人が多いライブ配信との連動ができることや、公式チャンネルの活用ができることから、さまざまな年齢層へのアプローチができるとされています。

YouTubeのインストリーム広告

YouTubeのインストリーム広告

YouTubeのインストリーム広告は、少額から入札でき、認知度も向上させていけるタイプの動画広告です。自動で再生されるため、ターゲット層に届いたとき自然と目につくといえるでしょう。

また、スキップはできても再生されるタイミングは3つあるので、印象をつけるには最適な動画広告です。

出稿方法

YouTubeのインストリーム広告の出稿方法は、次の通りです。

  1. YouTubeに動画をアップロード
  2. Google広告からキャンペーンを作成
  3. 達成したい目標を選択
  4. 予算や配信期間などの詳細を設定
  5. ターゲットとなる広告グループを設定
  6. 入札単価を設定
  7. 動画広告の作成から各項目の入力

1ではYouTube上での設定となりますが、2からGoogle広告での設定となるため、要注意です!

料金

YouTubeのインストリーム広告も、自社でおよその予算を決められる動画広告です。

少額からの予算でもインストリーム広告を利用できるため、まずは1,000円から始めてみませんか?

Facebookのインストリーム広告

Facebookのインストリーム広告

Facebookのインストリーム広告もYouTubeと同じで、動画コンテンツの冒頭や途中で再生されるタイプの広告ですが、長さがYouTubeよりも長い点が特徴的です。Facebookでは120秒まで流すことができ、Liveストリーミングにも載せられるメリットがあります。

出稿方法

出稿方法は、次の通りです。

  1. 広告の作成画面を開く
  2. キャンペーンの目的を問われるため、「動画の再生数を増やす」を選択
  3. 動画で宣伝したいFacebookのページを選択
  4. 広告アカウントの作成
  5. 広告でリーチするオーディエンスターゲットの選択と予算の設定
  6. 広告の出稿

以上がFacebookでの動画広告の出稿方法です。

Facebookでは動画を出稿する際にオーディエンスというターゲットの設定をする必要があるため、事前にどんなターゲット層に動画広告を出稿したいのかをまとめておくと手間取らず、スムーズな出稿ができますよ。

料金

Facebook動画広告は100円から設定可能で、次の2つの方法で課金形式が決まっていきます。

  • CPV形式の課金方式
  • CPM形式の課金方式

CPVは動画再生1回あたりで課金されていく方式で、CPMは1000回表示されていくらになるかという単位での方式の2つです。広告費を可能な限り削減したいという場合はCPVでの課金方式をおすすめしますが、ある程度再生数がつく確証がある企業にとってはCPMでの課金方式がおすすめです。

メリット

  • ビジネスと相性がとても良い
  • 認知度が上がる
  • ブランディングにつながる
  • 信頼性が高い
  • 詳細なターゲティングができる
  • 購買行動につながる
  • 広告費が安い

Yahoo!のインストリーム広告

Yahoo!のインストリーム広告

Yahoo!のインストリーム広告も、動画コンテンツの冒頭や途中で再生される広告でYahoo!プレミアム広告の内のひとつにカテゴライズされています。

また、Yahoo!が運営するGYAO!でも配信ができ、ターゲット層がYahoo!を利用するターゲット層と違っているため、多くのターゲットに動画を見て欲しいというときはおすすめの広告タイプといえるでしょう。

出稿方法

Yahoo!で動画広告を出稿する場合は次の流れで出稿できます。

  1. 広告にする動画ファイルの追加と動画サムネイルの画像を追加
  2. 動画広告用のキャンペーンの作成
  3. 動画広告用の広告グループを設定
  4. 動画広告用の広告を作成する

Yahoo!のインストリーム広告は、「Yahoo!動画広告」と認識をしておくと、出稿時に混乱せずスムーズに出稿できますよ。

参考:動画広告について - ヘルプ - Yahoo!広告

料金

Yahoo!のインストリーム広告は、およそ100万円からとなり、動画の長さは関係なく金額は変わりませんが、契約した表示回数に達するまで動画広告を配信してくれる仕組みを取っているので、表示回数は保証してくれると言えます。

Twitterのインストリーム広告

Twitterのインストリーム広告もYahoo!JAPANのインストリーム広告と似通っていて、動画コンテンツの冒頭で再生されるタイプであり、異なる点は、6秒を超えるとスキップできるというところです。

また、広告を掲載できるアカウントは多くはなく、Twitter社が激選した各国の200以上の大手テレビ局やスポーツチーム、報道機関などが、動画コンテンツプロバイダーとインストリーム広告を提携しています

出稿方法

Twitterのインストリーム広告の出稿方法は、次の通りです。

  1. 広告のアカウントを作成
  2. 広告文や画像などをツイートし、キャンペーンを作成する
  3. 広告グループを作成
  4. キャンペーン内容を確認、出稿

以上です。広告用ではなくとも、企業用のアカウントがあれば、そのアカウントへログインをして、キャンペーンを作成します。

Twitterでは、キャンペーンツイート(広告)とオーガニックツイート(通常のツイート)と、ツイートの種類が2つに分かれていますが、広告だけでなく自然に投稿した様子も見せることによって顧客に信頼を与える情報になるため、オーガニックツイートも投稿するようにしましょう。

料金

Twitterでインストリーム広告を出すとなると、広告料金が気になりますよね。Twitterでのインストリーム広告料金は1再生ごとに単価が課金される仕組みを取っています。

また、最低入札単価も定められていないので、自由に価格を決めて出稿しても構わないのですが、Twitter社では1クリック辺り、80円から100円の金額で出稿することを推奨しています。

動画を活用したプロモーションは「TSUTA-WORLD EXHIBITION」にご相談ください

おすすめの記事