視覚的に理解できるインフォグラフィックスって何?初心者にもわかるように徹底解説

視覚的に理解できるグラフィックスがあれば、顧客やターゲットへのアプローチもより良いことになり、説明することへの労力も減らすことができるため、楽に効果を上げられるものと考えられますよね。

しかし、果たして「視覚に訴えかけられるような」インフォグラフィックスがあるのでしょうか。

今回は、この視覚的に訴えかけられるインフォグラフィックスについて詳しくまとめています。これから導入しようと考えている方は必見ですよ。

インフォグラフィックスとは?

データや情報などを視覚的に表現をしたものがインフォグラフィックスです。

日常の中であるものだと、道路の交通標識や、いたるところにある「立ち入り禁止」というマークを見かける方もいるでしょう。あの標識も、インフォグラフィックスの一部です。

つまり、データや情報をわかりやすく図解したものがインフォグラフィックスだと考えても良いでしょう。
また、動画においてもインフォグラフィックスを活用できることから、よりわかりやすく正確にデータを伝えることが可能になりました。

さらに視覚的に理解を促すことのできる、インフォグラフィックスを「データを伝えるため」だけでなくマーケティングとして活用する企業が増えてきているのです。

最近はインフォグラフィックス動画が人気

最近はインフォグラフィックス動画が人気

インフォグラフィックス動画とは、インフォグラフィックスを動画化させたものであり、図以上にわかりやすく進化させたものと考えてよいでしょう。

また図のときは年齢もターゲットに加わりがちでしたが、動画にすることで図や映像だけでなく音も入れることにより、子どもから大人まで楽しんで視覚的に理解できる動画となりました。

インフォグラフィックスを制作したい!事例をもっと知りたい場合は次のページでもっと詳しく解説しています!

インフォグラフィックス動画の目的とは?

インフォグラフィックス動画の目的とは?

では、なぜインフォグラフィックスを導入するのでしょうか。企業ごとに目的は異なりますが、共通した目的は主に5つあるとされています。

  • 商品やサービスの紹介
  • 会社の事業紹介
  • 事業戦略紹介
  • 市民への問題提起
  • 会議中の資料として(プレゼンテーション)

インフォグラフィックスを使用する場面が限られず、さまざまなシーンにおいて活用できることがわかりますね。

インフォグラフィックス動画のメリット

インフォグラフィックス動画のメリット

インフォグラフィックスには、主5つのメリットがあります。

  • 専門知識をわかりやすく示すことができる
  • 多くの情報をひとつのインフォグラフィックスで伝えられる
  • 視聴者の印象に残りやすい
  • 活用の領域が広い
  • 図解で示せるからこそ言葉の壁もいとわない

つまり、インフォグラフィックスを活用することで説明できる範囲が広がり、より企業の成長にも役立つということが考えられるのです。

もう少し詳しく知りたい方は次のページをチェック!

インフォグラフィックス動画のデメリット

一方でデメリットには、インフォグラフィックスを作成したから結果に残るようなものではなく、制作中に発生するデメリットが比較的多いです。

中でもあげられることは、次の5つです。

  • データの整理に時間を要する
  • 動画の作成自体に時間がかかってしまいがち
  • 動画そのものが重いため、WEBサイトが重くなる
  • アニメーション制作のスキルが必要
  • 間違えた後の修正が大変

など、主に「作成時」「管理の維持」に時間や労力がかかってしまうところに、デメリットが多くあげられますが、回避することもできます。

デメリットへの対策は次のページでチェックしましょう。

インフォグラフィックス動画の作り方

インフォグラフィックス動画の作り方

実際にインフォグラフィックスを作ってみましょう。インフォグラフィックスは、5つのステップに分かれて作成できます。

  1. テーマを決める
  2. データの整理
  3. 台本の作成
  4. 絵コンテ作成
  5. 編集

以上です!もう少し詳しく作成方法を知りたい方は下記のページを要チェック!

インフォグラフィックスの制作事例

世の中では、どんなインフォグラフィックスが作成されているのでしょうか。今回は5つのインフォグラフィックス動画を事例として解説します。

子どもから大人まで楽しめる車のコスト解説動画です。

一台の車にかかるコストをストーリーの中で、ひとつひとつ丁寧に解説しているインフォグラフィックス動画です。

聞きやすい声色で、車の平均購入金額だけでなく買い替え年数や洗車の回数などの「コストに対する情報」が動画の中でテンポ良く流れていきます。

2014年の日本について解説した動画

こちらもまた子どもから大人まで楽しんでデータを収集できるインフォグラフィックス動画です。

「日本」という大きなテーマに沿って。経済や環境、文化遺産などを見やすくわかりやすい文字や色で解説しています。

アニメーションを活用し、ナレーションも強く印象付ける動画

こちらは日本における離職について、ひとつの面から見た問題を訴えかけ、新しいサービスを紹介している動画です。

専門的な内容を、簡単に解説するだけでなく、リズミカルに流れているからこそ「もっと見たい」と思うような仕掛けになっている点が、特徴的とも言えますね。

ふるさと納税に関する動画

こちらはエフェクトを活用して解説をしているふるさと納税に関する動画です。

エフェクトにより強調しているからこそ、重要なことを視聴者側が見落とすことなく、理解することを促しています

アニメ、写真だけでなくイラストとテロップも活用したインフォグラフィックス動画

「キッカケ食堂」という団体を解説した動画です。アニメーションとイラスト、テロップにより団体紹介だけでなく今後の事業についても解説しているため、全体的にテロップも多く伝えたいことを「的確」に伝えている動画とも言えますね。

他にも、インフォグラフィックスを活用した動画はたくさんあります。次のページでより詳しく紹介中です!

制作事例はここ!

ビジネスでインフォグラフィックスを活用した方がいい場面とは?

 ビジネスでインフォグラフィックスを活用した方がいい場面とは?

身の回りに多くあるインフォグラフィックスは、活用していくことでより的確に情報を伝えることができる上に、シーンも問わずさまざまな場面において活用できます。

では、特に「活用していくべき」シーンとはどんなときなのでしょうか。

業績紹介

ひとつめは、業績紹介の動画で活用することです。

インフォグラフィックスは、多くの情報をひとつの動画でわかりやすく丁寧に伝えることができますよね。

次の3社は、日常生活において必要不可欠な企業でありつつも、専門的用語がどうしても必要になってくる企業の業績紹介動画です。

株式会社ブリヂストン

エコモット株式会社

インフォグラフィックスでは、業績説明だけでなく専門的用語をも間接的に解説できるのです。もう少し詳しく知りたい方は次のページを要チェック!

こちらの記事がおすすめ!

IR

IRもまた、「専門的用語」が多く文字だけでの説明だとわかりにくいと分類されてしまいがちな内容です。だからこそインフォグラフィックスを活用することで、HPの資料、口頭だけの説明だけでなく株主たちへ会社の経営情報を伝えることができるのです。

株式会社サイバーエージェント

ChatWork株式会社

株式会社エアトリ、エボラブルアジア

正確に伝える必要があるからこそIRでインフォグラフィックス動画を活用しましょう。

次のURLをクリックすることで、もっと詳しく追及できますよ!

プロモーション

そもそも動画は、紙ベースで伝える以上に情報を正確に伝えることができますね。そこにインフォグラフィックス動画をプロモーションに活用することで、視覚的に理解できることが多く、わかりやすい動画にもなるのです。

情報量に制限がある文字よりも、正確に魅力的に伝えることができるインフォメーショングラフィックスは、SNSでの拡散に最適ともいえますね。

次の企業のプロモーションを見てみましょう!

株式会社フォーバル

株式会社ブレーン

株式会社MJE 2020年企業紹介ムービー

以上のような「魅力的」なプロモーションを作りたいと感じたらまずは次のURLをクリック!

事業紹介

文字や図形だけでなくアニメーションさながらの動きや音を入れるインフォグラフィックスは、より魅力的な動画をさまざまな顧客に情報を正確に伝えられる特徴があります。

事業紹介はほとんどの場合が、500文字から600文字と1000文字まではいきませんが、文字が多くなってしまいがち。でも正確に情報を伝える必要もあります。

そういうときこそ、動画+インフォグラフィックスが良い仕事をしてくれるのです。

Crevo株式会社

Crevo株式会社、別タイプのインフォグラフィックス動画

株式会社エヌデーデー

正確に、情報を削減することなく事業の紹介をしたいなら、もっと詳しくインフォグラフィックスを知る必要があります。

インフォグラフィックスの制作に定評のある会社

インフォグラフィックスの制作に定評のある会社

TSUTA‐WORLDでは、インフォグラフィックスの制作に定評があり、ありとあらゆるアニメーションを企業の成長に役立てるためのお手伝いをしています。

「説明に20分を要するサービスの解説をアニメーションに」という戦略があるなら、TSUTA‐WORLDに相談してみませんか?

台本や絵コンテは無料で作成していて、金額の交渉、制作調節も柔軟に対応できますよ。

おすすめの記事