TikTokの文字

近年、新しいSNSとして注目を浴びているTikTok。

日本だけではなく世界各国で多くの利用者がいますが、今後運用していくのであれば、さまざまなことを覚えておかなくてはなりません。

そのうちの1つがTikTokプロアカウント」ですが、なかには

・TikTokプロアカウントって何?
・TikTokプロアカウントになったら何ができる?

と思う方もいることでしょう。

そこでこの記事では、

・TikTokプロアカウントの基本情報
・TikTokプロアカウントにおけるメリットとデメリット

などを紹介します。

実際にアカウントを運用していく方はもちろんですが、これからの時代の流れを知りたい方もぜひ読んでみてください。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


そもそもTikTokって?

TikTokが表示されているスマホ

TikTokプロアカウントを紹介する前に、まずはTikTok自体のことを簡単におさらいしておきましょう。

TikTokは中国生まれのショートムービーアプリで、TwitterやFacebook、Instagramと並ぶ世界5大SNSの1つと考える人もいます。

現在ではTikTokの影響でブレイクする音楽も生まれ始めており、2020年であれば、瑛人さんの「香水」やオレンジスパイニクラブさんの「キンモクセイ」などが挙げられます。

また、TikTokを活用し始めた企業も増え始め、ビジネスとしての視点からも注目すべき存在といえるでしょう。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


TikTokプロアカウントの基本情報と設定方法

TikTokのプロフィール画面

TikTokプロアカウントとは、TikTokにおけるアナリティクスが利用できるアカウントのこと。

無料で使うことができ、誰でもプロアカウントを用いた分析ができます。

設定方法は簡単で、まずマイページの右上に表示されている三本線をタッチ。

その後、設定をタッチすると「プライパシーの設定」や「アクセシビリティ」などが表示されますが、そのなかの「アカウント管理」をタッチします。

次に「プロアカウントに切り替える」という項目があるので、個人アカウントやメディア、アートなどのなかから、当てはまるものを選びましょう。

最後に「続ける」を何度かタッチし、カテゴリーをタッチすれば終わりです。確認する際は、設定画面のデータ分析をタッチことでチェックできます。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


TikTokプロアカウントの4つのメリット

メリットと書かれた紙

TikTokプロアカウントのメリットは、いくつかあります。

一体どのようなものでしょうか。

アカウント全体の分析ができる

アカウント全体の分析として、動画の視聴数やプロフィールの表示回数などをチェックできます。

プロフィールはTikTokを運営していくうえで重要であり、設定しておけばフォロワーが増えるきっかけにもなります。

コンテンツの分析ができる

どんな方であれ、自分がアップロードした動画がどのくらい見られているのか気になるはず。

TikTokプロアカウントの場合は、投稿した動画ごとに視聴時間を分析できます。

分析できる内容としては、合計再生時間や平均視聴時間、トラフィックソースの種類など。

トラフィックソースとは、どのような流れで動画を見つけて再生したのか、ホーム画面やプロフィールなど、動画へのアクセス元を明らかにしたものです。

フォロワーの分析ができる

フォロワーの分析は、100名以上フォローされている場合のみ使える機能です。

フォロワー数の増減や男女比、視聴者の国籍をチェックでき、どのような層に人気なのか把握できます。

見ている層が分かれば、ターゲットに向けた動画も制作しやすくなるでしょう。

最新コンテンツの分析ができる

投稿動画やフォロワー以外にも、過去7日間の動画もまとめて分析してくれます。

過去7日間に投稿された動画の数はもちろんのこと、人気が上昇している動画などをチェックできるため、今後どのような動画を作成すれば良いのかという参考にもなるでしょう。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


TikTokプロアカウントのデメリットは?

デメリットと書かれた紙

「TikTokプロアカウントにしてもいいけど、なんか不安で…」と思う方がいるかもしれませんが、そのような心配はいりません。

なぜならプロアカウントにしたからといって、他のサービスが使えなくなるわけではないからです。

TikTokプロアカウントに切り替えたことで被るデメリットは特にないことから、運営担当者の方は積極的に切り替えたほうが良いでしょう。

ただし、懸念事項として今後企業用のサービスになる可能性はあります。

例えばInstagramの場合、広告配信といった機能を利用できるのはビジネスアカウントのみ。

記事を書いた2020年現在は個人でも利用できるTikTokプロアカウントですが、今後のアップデート次第で企業アカウントのみになるかもしれません。

事実、TikTokではEC事業に関するテストを行っており、本格的にビジネス向けのシステムを作るとなれば、TikTokプロアカウントに対しても何らかの変更を行うでしょう。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


TikTokプロアカウントでより良い運営を!

斜めのTikTokアイコン

今回は、TikTokプロアカウントに関する基本情報やメリット・デメリットなどを紹介しました。

TikTokプロアカウントは無料で使える機能であり、動画やフォロワーに関する分析ができます。

ビジネスにおいてもますます注目されるであろうサービスなので、TikTokを始める際はぜひプロアカウントを利用してみてください。

おすすめの記事