赤ペンで書かれたSEO

動画制作においては、機材や出演者だけではなく動画SEOを意識することが重要です。

しかし、なかには、

・SEOと動画SEOの違いって?
・そもそものSEOって?

と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、

・動画SEOの基本情報
・SEOと動画SEOの違い

についてご紹介します。

これから動画を作る方は、ぜひ最後まで読んでみてください。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


SEOとは?

SEOとチェックマーク

SEOはSearch Engine Optimizationの略称であり、日本語に訳すと「検索エンジンの最適化」です。

具体的には、被リンク対策やキーワードの導入など、検索エンジンで上位表示されるための対策のことをSEOと呼びます。

SEOを意識してコンテンツを制作することで、特定のキーワードを検索した時に多くの人の目に入りやすくなります。

Webサイトが対象

SEOはWebサイトが対象であり、主にWebライターの方が意識しています。これは、SEO対策をすることで、集客力やブランディング効果の向上といった効果を期待することが可能だからです。

そのため、SEO対策ができるWebライターは他のWebライターと比べて重宝されています。

ただ、ネットに関する仕事をする上では必須の知識でもあるため、ライター以外の方で初めて聞いた方もこの機会に覚えておきましょう。

検索エンジン上位に表示させるためのコツ

SEO対策にはいくつかのコツがあります。

簡単なものから上級者向けのものまでありますが、コツを押さえてコンテンツを作っていくことにより、検索順位の向上に繋がります。

・ツールを使ったニーズの徹底的調査
・読みやすさや見やすさを意識する
・アクセス数や検索順位をこまめにチェックする
・サテライトサイトを作成する
・表示速度を早くする

SEO対策で注意すべきこと

SEO対策で注意するのは、以下の5つです。

・Googleのアップデートに振り回されてしまう恐れがある
・SEO対策のことばかり考えてしまい、読み手のことをおろそかにしてしまう可能性がある
・コンテンツを作る上での人的なコストがかかる
・即効性がない
・キーワードによっては上位表示が難しい場合がある

これらのことを考慮しながら、より多くの人の役に立つ情報発信のためのSEO対策を進めていきましょう。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


動画SEOは動画のSEO対策

スマホとYouTubeアイコン

動画SEOというのはSEOの一種であり、全く別のものではありません。

ただし、対策方法が一般的なものと少し異なるため、動画を制作するのであれば、覚えておくと良いでしょう。

動画SEOと間接的要因

動画とSEOに関係性があるとはいっても、動画をWebサイトに掲載しても検索順位が上がるわけではありません。

なぜなら、Googleのクローラソフトウェアには動画の内容を読み取る力が無いため。

あくまで動画SEOはSEOの間接的要因に過ぎないことを念頭に置きましょう。

5G時代でより動画視聴が一般化する

「間接的要因ならば、作る必要あるの?」と思うかもしれませんが、今後のことを考えると積極的に作っていく価値があります。

これは、現在4Gから次世代通信規格と呼ばれる5Gへと変わりつつあり、今まで以上に動画視聴が一般化するため。

特に商品の販促やサービスの知名度アップを考えている企業にとっては、Webサイトで宣伝するよりも、動画で宣伝したほうが伝わりやすいでしょう。

エンゲージメントにつながりやすい

動画は、画像や文章よりもエンゲージメントが高いとされています。エンゲージメントとは、コンテンツや商品に対する愛着のこと。

上記で紹介したような商品の販促やサービスの知名度アップにおいては、欠かせないものです。その上、動画であれば分かりやすく詳しい情報を伝えられます。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


動画SEOのやり方

動画編集中のモニター

動画のSEO対策をする利点はいくつもありますが、実際にはどのようなことをすればいいのでしょうか。

YouTubeの動画のテキストを工夫する

YouTubeは誰でも気軽に投稿できますが、それだけではSEO対策になっていません。

上記で紹介したように、クローラソフトウェアは動画の内容まではチェックできないため、タイトルや説明文などのテキスト部分を工夫する必要があります。

タイトルや説明文を適宜修正する

タイトルや説明文は書いて終わりではなく、定期的にトレンドや競合動画をチェックして修正してきましょう。

そのままにしておくと、段々と見てもらえなくなります。

文章のように中身が簡単に変えられない動画だからこそ、テキスト部分にも気をつけましょう。

動画は冒頭で惹きつける内容にする

動画内容に関しては、冒頭で惹きつけるような構成にするのがおすすめ。なぜなら、そうしなければ視聴者が離脱してしまう恐れがあるためです。冒頭に動画で伝えたいことを言えば、視聴者も離れにくくなります。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


まとめ

キーボードに埋め込まれた赤いSEO

今回は、SEOと動画SEOの違いやSEOの基本情報についてご紹介しました。

SEOはWebサイトだけのものではなく、動画にも関係します。

これから動画を制作する方は中身だけではなく、ぜひ動画SEOのことも注意しながら進めてください。

この記事はお役に立つかも?

動画を有効活用したマーケティングは「TSUTA-WORLD EXHIBITION」にご相談ください

おすすめの記事