【広報・PR担当者必見】化学メーカーがアニメ動画を活用すべき理由を紹介

染料・顔料・化学肥料・合成繊維・電子部品など、幅広い分野で商品展開をしている化学メーカー。

私たちの生活になくてはならない産業でありながら、その内容は非常に複雑で、なかなか事業内や商品の魅力が伝わりづらい…なんてことも。

化学メーカーで働いてらっしゃる方のなかには、「どうすれば効果的な商品プロモーションができるのだろう?」とお悩みの方も多いでしょう。

そこで今回おすすめするのが、アニメーションを使ったプロモーション動画『アニメ動画』です。

この記事では、化学メーカーで働くみなさまに向けて

  • 化学メーカーでアニメ動画を活用すべき理由
  • 化学メーカーで実際にアニメ動画を活用した事例

をご紹介します。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


化学メーカーがアニメ動画を活用するべき理由

化学メーカーがアニメ動画を活用するべき理由

消費者にとって、化学メーカーの事業内容や商品紹介を正確に理解するのはなかなか難しいことです。

そんな中で、化学メーカーがアニメ動画を用いたプロモーションをおこなうメリットとはなんでしょうか?

今回は、4つのメリットをピックアップしてご紹介します。

事業の内容を視覚で理解しやすくなる

化学メーカーの事業内容を説明するにあたり、分かりやすい図などは不可欠です。

しかし、同じ図を使って説明するのでも、動画と静止画では理解度に約1.8倍もの差があると言われています。

特にアニメ動画は、文字や図やイラストを動かしたり強調したりすることで、視聴者が視覚的に理解しやすくなるのです。

商品の紹介がわかりやすくなる

化学の仕組みや商品紹介を一般消費者に説明するにあたり、複雑な情報をすべて盛り込んでも伝わりません。

一番伝えたいことは何かをきちんと整理した上で、わかりやすく図式化することが大切です。

アニメーション動画は、イラストや図に動きを加えることで、シンプルにわかりやすく伝えられます。
つまり、複雑な商品や技術の紹介に向いた手法なのです。

他社との差別化ができる

アニメーション動画は、色使いやイラストなどでオリジナリティを出しやすいのが特徴です。

動画のキーカラーを自社ロゴと同じ色にしたり、イラストのテイストを変えたりといった演出をすることで、他の化学メーカーと差別化をはかりやすいというメリットがあるのです。

色使いなどを動画やWEBなどの他ツールとそろえれば、より自社らしら・オリジナリティが出てくるでしょう。

短時間で多くの情報を伝えられる

アニメーション動画は、イラストや図、動きだけでなく、ナレーションによる説明を加えることもあります。

視覚と聴覚で訴えられるアニメ動画は、紙や口頭で説明するよりも直感的に理解でき、短時間でより多くの情報を伝えられるというメリットがあるのです。

この記事はお役に立つかも?


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


化学メーカーのアニメーション活用事例

化学メーカーのアニメーション活用事例

化学メーカーがアニメ動画を活用すべき理由を解説しました。
ここからは、化学メーカーがアニメーション動画を使ったプロモーション事例を2つご紹介します。

三井化学

総合化学メーカーとして長い歴史を持つ『三井化学グループ』

2025年の未来に向けた長期経営計画「Vision2025」について、アニメーションを使って詳しく説明している動画です。

数字をわかりやすく伝えることができている

経営計画を伝える上で、目標売上などを説明するための数字情報は不可欠です。

動画内でもグラフで説明するシーンが登場しますが、アニメ動画を採用しすることで「難しそう…」というイメージを感じさせず、分かりやすく端的に説明されています。

事業内容を的確に伝えることができる

化学メーカーは、消費者にわたる最終製品の材料となる中間財を作るのが役割。

完成形を一般消費者が見ることは少ないため、生活にどのように携わっているかイメージしづらいのです。

動画内では化学の専門知識に関することはほぼ触れず、三井化学が目指す姿にフォーカスした上で事業内容を説明しています。

そのため、視聴者にとっても「こんなところに三井化学が関係しているのか!」という気付きを得られ、事業内容をイメージしやすい動画に仕上がっています。

三菱ケミカル

日本国内最大の大手総合化学メーカーとして知られる『三菱ケミカル』

災害大国日本にて、水のインフラを守るために同社が提供している技術について紹介している動画です。

複雑な事業をアニメで視覚で理解しやすくしている

「地下水膜ろ過システム」など、ぱっと聞いただけでは全容を理解しづらい事業を、アニメーションを活用し、分かりやすく説明しています。

専門的な情報をすべて盛り込むのではなく、あくまで概要を説明するために必要なポイントだけをピックアップすることで、専門知識のない視聴者にも理解しやすい内容になっています。

写真を併用している

アニメーション動画といえども、無理にすべてをイラスト化・図式化する必要はありません。
この動画では、イラスト写真を併用し、うまく動かしたりテロップを入れたりすることで分かりやすく説明できています。

「視聴者により分かりやすく・イメージしてもらうにはどうすれば良いか?」をよく考えた動画に仕上がっています。


説明用・PR 用の動画を検討されている方へ


化学メーカーの動画制作はTSUTA-WORLDへ

化学メーカーのプロモーションでアニメ動画を活用すべき理由を、事例と共にご紹介しました。
本記事を読んで「アニメ動画を作ってみたい」と思われた化学メーカーのみなさま、ぜひ『TSUTA-WORLD』へお任せくださいませ!

この記事はお役に立つかも?

動画を有効活用したマーケティングは「TSUTA-WORLD EXHIBITION」にご相談ください

おすすめの記事