アニメ―ション会社のイメージ

アニメーション制作会社とは?

国や時代によって、アニメーションの定義は諸説ありますが、現代においては、日本で作られている「アニメーション」は「アニメ」と海外で呼ばれており、アニメーションとはそれ以外を指すとされています。日本においてはアニメ=アニメーションの認識なので、アニメーションを制作する会社であればすべて同じ扱いです。

本記事で紹介するアニメーション制作会社は、ビジネスシーンを中心に使用されるアニメーションを制作する会社にフォーカスをあてて、紹介していきます。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


関東のアニメーション制作会社7選

Ad Arch(アドアーチ)

東京にあるAd Archは、ただ作るだけではない映像プロデュースエージェンシーです。

TVCMからWeb動画、インストア動画、アニメーション、CG、VRなど幅広くカバーしており、プロジェクト全体を成功に導くため、企画制作・展開後においても、次回作に向けての改善と長期視点での取引が特徴です。

また、企業や著名人に向けたYoutubeチャンネルの企画・運営も提供しています。

Ad arch公式サイトへいく

Crevo(クレボ)

東京にあるCrevoは、案件の内容ごとに専門性の高い人材でチームを構築し、高いパフォーマンスを発揮しています。

また、クライアントとのコミュニケーションにも自社の手法を用いており、独自開発した動画制作のプラットフォーム内で従来の打合せ、電話、メールなどを、オンライン上で一元管理することによって、生産性の向上、コストの削減にもつなげています。

アニメーションと実写の動画制作を網羅しており、あらゆる要望に応えられる仕組みを作っています。

Crevo公式サイトへいく

PROOX(プルークス)

東京と大阪に支社を持つPROOXの特徴は、徹底的な市場調査や競合分析を行い、最適解の動画構成を企画するところにあります。

ジャパンネット銀行やTSUTAYAのWeb広告も、制作から展開まですべてをプロデュースした実績もあります。また、社内のプロデューサーやディレクターのみならず外部ネットワークを駆使し予算に合った提案ができるところも強みです。

PROOX公式サイトへいく

Virtual In(バーチャルイン)

北海道に本部を持ち、東京都に営業支部を持つVirtual Inの企業理念は、『「変化に対応」する企業ほど「繁栄」を繰り返す』。年功序列はなく完全実力主義という会社で、今までにはない新しい提案を生み出すことに重きを置いています。

商品撮影・モデル撮影・商品画像制作・画像加工・バナー制作・動画作成・ショップデザインをアウトソーシングしています。その他にも広告のチラシ・メニュー制作も行っています。

Virtual In公式サイトへいく

TAO(タオ)

愛知県名古屋にあるTAOの特徴は、自社HP内にもある他社との違いという点です。具体的には自社の一貫制作からくる圧倒的な自信です。

クライアントの未来に貢献し、クライアントの要望と想像を超える映像を創ることに意識していますので、クライアントとの意見の衝突もしばしばあるとか。

しかし、これほどの熱量をもってしての映像は、通常では考えつかないクオリティの動画となるでしょう。

TAO公式サイトへいく

LOCUS(ローカス)

東京にあるLOCUSは、大手との取引実績も多い実力派集団です。高品質かつリーズナブルな動画づくりを目指しておりクライアントに最適な提案を約束しています。

また、最新のドローンやVRなどの動画制作も網羅しており、幅広いクライアントの要望に応えることができます。

LOCUS公式サイトへいく

SKYTOP(スカイトップ)

東京と大阪に支社を持つSKYTOPは、「低価格×高品質」をモットーにしている会社で、やはり価格面で頭一つ抜き出ています。各項目のコストは明確に記載されており安心です。

また、品質に関しても、明言している通り、ハイクオリティなものが事例としてHP上にて掲載されています。制作コストをあまりかけられないが高品質のものが欲しいという要望を見事に叶えてくれる会社です。

SKYTOP公式サイトへいく


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


TSUTA-WORLD(ツタワールド)

東京にある『TSUTA-WORLD』は、モーショングラフィックスを用いた説明用アニメ動画に特化した会社です。幅広く網羅するのではなく、商品やサービスを説明することだけに特化しているので、他社にはないノウハウがあります。

HP内でも記載されているように、説明することが難しいなどの悩みを深く理解し、クライアントの思いに寄り添うスタイルを貫いています。また、そのスタイルからどういった動画が制作されるのかを双方納得したうえで制作を開始する、つまり、企画・構成・絵コンテまでを無料で制作し、その後契約するといった仕組みをもつ会社です。

大規模な広告営業も行っていないため、依頼する価格においても業界の平均値を大きく下回っており、費用対効果は抜群です。

TSUTA-WORLD公式サイトへいく


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


関西のアニメーション制作会社3選

CROSSCO(クロスコ)

東京と大阪に支社を持つクロスコは、「動画のチカラ×課題解決力」をモットーに、B to B の活動35年間のノウハウをベースに、企画・設計→年間2,000件以上の実績をこなすスペシャリストの施工→独自の動画活用メソッドのデータを蓄積・発展というサイクルをもつ進化しつづける会社です。

動画を依頼することはもちろん、自社で作りたいという要望に応えることができる動画制作の内製化とその後のサポートまで支援してくれるという一歩踏み込んだサービスを提供しています。

CROSSCO公式サイトへいく

momo design(モモデザイン)

岡山県で活動しているmomo designは、動画制作をメインにしながら、Web広告やフライヤーのプリント、HPのLP作成まで幅広くカバーしている会社です。

「most」「more」「もっと」そんな思いをデザインするのがmomo designです。シンプルながらお洒落なHPから、会社のセンスの良さを感じさせます。

momo design公式サイトへいく

CROCO(クロコ)

兵庫県にあるCROCOは、社名からも伝わるように、「黒子」となってクライアントの要望に100%寄り添うというスタイルです。

制作会社の技術におごる事なく、クライアントのイメージに近づけることを意識しており、徹底的なコミュニケーションにフォーカスした会社です。

CROCO公式サイトへいく

その他のアニメーション制作会社3選

simple show(シンプルショウ)

simple showは、東京に支社がありますが、特筆すべきは海外展開を行っているという点です。アメリカからヨーロッパ、シンガポールと世界中に拠点をもち、従業員も各国のスペシャリストが集っています。

自社HP内でもあるように、大人は難しい文章やトピックを用いて情報を伝えようするが、子供がなにかを伝えたいときに絵を用いる、誰もが理解できるようにするには、絵が最重要と創業者は考え、それが会社の方針となりました。

動画のスタイルも一貫しており、従来にはあまり見ないスタイルです。

simple show公式サイトへいく

Human CentriX(ヒューマンセントリックス)

東京にあるHuman CentriXは、ビジネスシーンで使用する動画、つまり、 B to B のみに特化した動画制作会社です。

一般コンシューマーに向けての動画とはまた違うノウハウを持っているため、企業向けにPRしたい場合は利用してみるといいでしょう。

Human CentriX公式サイトへいく

90Seconds(ナインティセカンズ)

ナインティセカンズも国内は東京、海外ではシンガポール、ロンドン、マニラ、香港など、世界中に拠点を持ちます。

それぞれの動画の形態によって、パッケージング(平均金額)されています。独自の制作フローは、最先端のテクノロジーで構築されており、マイクロソフトやUberをはじめとする世界的な企業の制作実績を誇っています。

90Seconds公式サイトへいく

動画を有効活用したマーケティングは「TSUTA-WORLD EXHIBITION」にご相談ください

おすすめの記事