オンライン展示会にノベルティは必要?ノベルティを配布するメリットとは

オンライン展示会ってノベルティ配布するのかな?
ノベルティってなにを配ればいいんだろう……

オンライン展示会は出展企業と参加者が会う機会が基本的にありません。

そのため、ノベルティを配布する機会がないと思う方もいるかもしれませんが、オンライン展示会でもノベルティを配布できます

この記事ではノベルティの特徴と、オンライン展示会でノベルティを配布する方法とメリットを解説しています。

まずは新規会員登録

展示会で配布するノベルティとは

ノベルティ(novelty item)は、展示会の来場者に配布するグッズや景品などの記念品のことです。

企業名や商品名を知ってもらうことを目的としているため、商品名や企業ロゴなどがプリントされている場合が多いです。

展示会によっては豪華なノベルティが配布されることもあり、ノベルティ目当てで来場する参加者もいるほどです。

ノベルティは知名度向上の役割がある

展示会は出展するだけでは成果を得られません。自社ブースに来場してもらい、自社や商品名のことを知ってもらう必要があります。

そこで有効なアイテムがノベルティです。

展示会の案内メールで「来場された方にはノベルティを配布いたしますので、ぜひご自社ブースにご来場ください」と伝えると来場してくれる可能性が高くなります。

また、「ノベルティがあるから事前情報ではあまり興味がなかったブースを覗いて見よう」という効果も期待できます。

「販促品」や「粗品」との違い

ノベルティと似ているものに「販促品」と「粗品」があります。

どれも企業の知名度向上や商品購入を促すために配布されるものですが、それぞれの役割は少し違います。

ノベルティは知名度向上を最大の目的としているため、会社名や企業ロゴがプリントされています。

販促品は会社名や企業ロゴがプリントされていない場合が多いです。ブースの来場特典や商品の購入特典として活用することで、購買意欲を高める目的があります。

最後に、粗品はお礼としての意味合いが強いです。商品の購入特典として配布されます。

ノベルティは「配布用」と「成約記念」がある

展示会で配布されるノベルティは、集客や宣伝が目的の「配布用」と顧客満足度向上が目的の「成約記念」があります。

配布用

配布用は、自社ブースへの呼び込みやアンケート回答のお礼などさまざまな場面で活用されます。

配布される商品はカレンダーやボールペン、クリアファイルなどのデスク周りで利用できる品物が多いです。

成約記念

「配布用」は不特定多数に向けたノベルティですが、「成約記念」は贈呈する相手が決まっており商品の購入や成約してくれた方になります。

購入者や成約者に、「また商品を購入したい」「ほかの商品も見てみたい」と思ってくれるような品物を選ぶといいでしょう。

例えば、高級感のあるペンケースを配布したり、高額な商品を購入していただいた場合はカタログギフトを贈ることもあります。

ノベルティの種類

ノベルティを贈りたいと思ってもどのような品物を選べばいいのか分からないかもしれません。

そこで、展示会で配布されることが多い品物を5つ紹介します。

文房具

「配布用」でノベルティを配るならオフィスなどで使える文房具がおすすめです。

カレンダーボールペンが定番ですが、付箋やマグネットなども使いやすいためよく配布されています。

エコバッグ

実際の展示会場で開催されるオフラインの展示会ではパンフレットや資料、複数の企業のノベルティなどを持ち歩くため、このような場面でエコバッグは便利でした。

しかし、オンライン展示会では実際に展示会場を歩き回るといったことがないため、エコバッグを配布するケースは少ないです。

ただし、近年レジ袋が有料になりエコバッグを持ち歩く人が増えているため、需要が全くないというわけではないでしょう。

団扇や使い捨てカイロ

団扇や使い捨てカイロのようなシーズンアイテムは人気が高いです。

カイロをもらうためにブースに来た」という人もいるほどで、ユーザーに対して気遣いができる企業だとイメージアップ効果が期待できます。

オンライン展示会は自宅やオフィスから来場するため、シーズンアイテムを配布することは少ないです。

革製品

革製品の手帳やペンケースなどは「成約記念」で配布される場合が多いです。

高級感がある革製品は顧客満足度向上が期待できます。

モバイルバッテリー

スマートフォンやタブレット、ワイヤレスイヤホンなどのさまざまな場面で利用されるモバイルバッテリーは人気が高いノベルティです。

自社ロゴをプリントすることも可能で宣伝効果も期待できます。

オンライン展示会でもノベルティを送ることができる

オンライン展示会は出展企業と参加者が直接会う機会がありません。

そのため、ノベルティを配布できない、またはノベルティを配布しなくてもいいんじゃないかと思う方もいるかもしれません。

まずオンライン展示会でもノベルティを配布できます。そして、自社のことを覚えてもらうという意味ではノベルティを配布するのがおすすめです。

パンフレットや資料と一緒に渡す

オンライン展示会では、出展ブースの来場者に対するアプローチが大切です。

来場後に挨拶も兼ねてお礼メールを送ります。

その後、商談につながりそうな見込み顧客に対して資料やパンフレットを郵送したりアポを取ったりしますが、その際に「オンライン展示会に来場していただいので……」とノベルティをお渡しするといいでしょう。

ノベルティで自社のことを覚えてもらう

カレンダーやボールペンなどのオフィスで使える文房具は、意識していなくても目に留まります。

もし初回の商談で成約にならなかったとしても、自社を覚えてもらうことで次回以降の商談で顧客になる可能性があります

オンライン展示会に出展するなら「TSUTA-WORLD EXHIBITION」にご依頼ください!

オンライン展示会では、どのような商品やサービスなのかわかりやすく伝える説明動画が重要です。

弊社では説明用特化のアニメーション動画「TSUTA-WORLD」を運営しており、来場者に企業様の製品やサービスをわかりやすく伝えられます。

また、ウェビナー動画制作も承っているためオンライン展示会でウェビナーを実施したい方はぜひご相談ください。

現在「TSUTA-WORLD EXHIBITION」では、無料キャンペーンを実施しています。

  • 出展費用(無料
  • ページ作成費用(無料
  • 企業会員登録費用(オープニングキャンペーンのため無料
  • リード獲得(1年間無料
  • 月額掲載費用(1年間無料
  • ウェビナー動画制作費用(無料制作実施中

※無料キャンペーンには条件があります。必ずご確認ください。

オンライン展示会に興味がある企業様は、まず無料キャンペーン開催中の「TSUTA-WORLD EXHIBITION」にぜひご相談ください。

\まずは新規会員登録/

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

おすすめの記事