BtoBにおける動画マーケティングの事例を紹介!

マーケティングには消費者のためのマーケティング(BtoCマーケティング)の他に、企業間取引に向けた企業へのマーケティング(BtoBマーケティング)がありますが、動画マーケティングにも同様にBtoCBtoBがあります。
BtoBにおける動画マーケティングは、消費者に向けた一般的なBtoCマーケティングとは性格を異にします。
一体、BtoB動画マーケティングはどのような点がBtoCとは違うのでしょうか?
この記事ではBtoB動画マーケティングの特徴を明らかにし、その事例も紹介します!


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


BtoB動画マーケティングの特徴

B to B動画マーケティングの特徴 の画像

では、BtoB動画マーケティングには具体的にどのような特徴があるのでしょうか?
その特徴は主に下記3点です。

動画の種類は広告用だけではない

消費者に向けてのBtoC動画マーケティングは、購入を促すための広告用の動画がありますが、BtoB動画マーケティングでも対企業に向けて購入や契約を促す広告用のモノがあります。
また、BtoCでは広告用だけですが、BtoBの動画は、広告用のモノだけしか存在しないわけではありません。

広告以外にも

  • リクルート用
  • セミナー用
  • 導入事例・お客様インタビュー用
  • 展示会用
  • 企業誘致用

などさまざまな種類の動画が作られ、各シーンにおいて動画によるBtoBマーケティングが行われています。

業界専門用語が入っていることもある

動画広告の効果の1つに、「商品やサービスの内容がわかりやすく伝わる」というのがあります。
映像と音がついているため、実際の使用感が伝わるので視聴者がイメージを掴みやすくなります。
BtoC動画マーケティングで使われる動画広告もこれを踏襲していて、さらに言葉まで初見でもわかるように平易なものになっていますが、BtoBにおいては違います。

顧客対象が企業であるため、広告主の関連企業であったりもするため、その業界で使われる専門用語が動画内に含まれることもあります。
「わかりやすさ 」だけにフォーカスをするのではなく、最初からある程度知識を持った人に新たなメリットを感じさせる動画になっています。

営業先へのメールに添付されたりもする

BtoC動画では、自社LPやSNS、動画サイトなどに貼り付けられますが、BtoB動画マーケティングでの動画は、営業メールを取引先に送るときに添付されるなど、使用用途が少し変わっています。

営業先にメールで長いPDF資料やパワーポイントで作成された長い資料を送るより、動画のURLを送る方が短く且つわかりやすく内容が伝わり、受信した方もストレス無く内容を確認できます。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


BtoB動画マーケティングの事例

BtoB動画マーケティングの事例 の画像

BtoB動画マーケティングの特徴についてご説明しましたが、ここからは実際に、その特徴を踏まえたBtoB動画マーケティングの成功事例を紹介します。

グラタス

こちらはTSUTA-WORLDが制作した、ウェブ戦略コンサルティングを手掛けている「グラタス」のBtoBマーケティング用動画です。

ウェブ戦略が課題となっている企業に対してベストなソリューションを提案することを事業にしている、まさにBtoBビジネスを行っている企業です。

ウェブ担当に向けて専門用語を使っている

動画を見てみると、「リスティング」「アフィリエイト」「広告運用」などインターネット業界の用語がたくさん出てきます。

また最初から「ウェブ戦略にお困りの企業の皆様」と、事例も用いてターゲットを限定することで、BtoBであることをより明確にして、対象外の顧客を弾いています
アニメーションやグラフのテイストもすっきりしているので、「企業向け」という性格が色濃く出ています。

料金まで説明し導入を喚起している

動画を最後の方まで見ていくと、運用代行のための費用が説明されています。
契約先候補となる企業は、この動画を見るだけでサービスの内容から導入費用までわかるので、自社での別調査が要らず、契約するかどうかを瞬時に決定できます。

相手企業のことを考えた、非常に親切なBtoB動画です。

Google Japan

こちらは「Google」が展開している広告出稿サービス「Google Adwords」のPRのための導入事例を紹介したBtoB動画です。

広告主はこのサービスを通じて広告を出稿すると、さまざまなウェブサイトに自動で広告を出稿してくれます。

活用企業の生の声が聞けるので嘘がない

この動画では実際にGoogle Adwordsを導入した「一風堂」「レンタルバイク スズキ」「ホテルモントレ」という3つの企業の社員が、その導入後の効果を語っています。

BtoCだとタレントが出演してアピールするだけでも通じますが、BtoB用ではそれは通用せず、一気に嘘っぽくなってしまいます。
導入企業の社員が直接出演し、嘘偽りのない生の声を聞かせてくれるので、企業はサービスについて信頼感を持てます。

事例が豊富

導入事例は多ければ多いほど、そのサービスを紹介する企業の実績となり、さらに新規で契約する側としてもその決定の一要因となります。

この動画ではわずか1分半の中で3つも導入事例を紹介していて、営業をかけられた企業はその豊富な事例と彼らの生の声から、安心してGoogleと契約するか否かの判断ができます。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


まとめ

BtoB動画マーケティングの特徴とその事例を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

マーケティングにおける動画の使い道は、BtoBではさまざまなパターンが考えられ、動画でアピールすることは顧客企業への信頼感の上昇につながります。

BtoCだけに目を向けず、BtoBに向けた動画も作ってみましょう!

この記事はお役に立つかも?

動画を有効活用したマーケティングは「TSUTA-WORLD EXHIBITION」にご相談ください

おすすめの記事