動画マーケティング

B to C動画マーケティングのターゲットは、個人の一般消費者です。商品やサービスの検討期間が短く、すぐに購入してもらえる傾向があります。そのため、購買意欲をもってもらえるような内容で、商品・サービスに良い印象を持ってもらうことを目的としなければなりません。

動画広告もわかりやすくてストーリー性があり、短い時間でメッセージを伝えられる内容が求められるのです。

今回は、B to C動画マーケティングの特徴とその特徴を上手く取り入れている動画マーケティングの事例を紹介していきます。ぜひ参考になさって下さい。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


B to C動画マーケティングの特徴

特徴

B to C動画マーケティングの特徴は、下記の3つです。

  • コンバージョン率向上に特化している
  • 説明がわかりやすい
  • 感情に訴えかける

B to C 動画マーケティングの特徴を理解しておくだけで、効果的な動画作成のヒントとなります。ひとつひとつ見ていきましょう。

コンバージョン率向上に特化している

コンバーションとは、Webサイトの最終的な成果のことです。企業によって、何をCVとするか異なります。
コンバージョン率 = コンバージョンに至った人の数 ÷ サイト全体の訪問者数

自社がターゲットとしている顧客に対してどのような成果を求めているかによっても、コンバーション率が変化します。例えば、Webサイトのユーザーが商品を1つ購入したことを1カウントするのと、資料請求を1カウントとするとのでは、コンバージョン率が変わります。

多くの企業の場合は、B to Cで求めるコンバーション率は顧客が商品を購入した場合やサービスを利用した時となるでしょう。

動画マーケティングは、自社のWebサイトへ誘導することやクリック一つで商品の購入に繋げる事ができるためコンバーション率向上に特化していると言えます

説明がわかりやすい

動画広告は、Web視聴者にとって説明がわかりやすいことが鉄則です。尺が短くても多くの情報を素早く届けることができる動画広告では、説明がわかりやすいことでより視聴者の脳裏に自社の商品やサービスの情報を残すことが可能になります。

多くの動画広告は、動画サイト内で流れることがあり、冒頭の数秒でどれだけターゲットの気を引くかが重要になります。

動画マーケティングの強みは、音と映像を使ってアピールすることでターゲットの興味を引きやすいことやクリックひとつで簡単に自社のWebサイトへ誘導することも可能で、情報へアクセスできることです。

感情に訴えかける

感情に訴えかける

動画マーケティングでは、企業や商品・サービスの認知度を高めることがポイントです。ターゲットとしている顧客に、動画広告の内容を共感してもらい理解をしてもらうことが大切なのです。

人は、感情に訴えかけられると衝動的な行動を取る事があり、購買行動の促進につながる可能性があるのです。

感情に訴えかけるための動画広告とは、さまざまあります。誰もが共感できるものは、ストーリー性のあるものでしょう。

ここまでは、B to C動画マーケティングの特徴をお伝えしてきましたが、事例を見ながらどのような動画広告が理想なのかを確認して下さい。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


BtoC動画マーケティングの事例

事例

BtoC動画マーケティングの事例は、下記の2つです。

  • TECH STADIUM
  • LIFUL介護

B to Cマーケティングに適した動画の事例についてポイントとなる事も紹介しています。自社に使えるものがあれば参考にしてみて下さい。

TECH STADIUM

TECH STADIUM(テックスタジアム)は、ゲーム制作に必要なプログラミング等のスキルを学べ、第一線で活躍するプロのエンジニアやクリエイターを目指している方のための『完全オンライン』スクールになります。しかも『実質無料』というのが特徴です。

アニメーションの画柄が親しみやすい

ターゲットなるのは、ゲーム業界でプロのエンジニアやクリエーターを目指す方々。つまり、ターゲットが目指す業界のイメージをアニメーションの画柄で親しみしやすくしているのです。

たった30秒なのにわかりやすい

視聴者にとって、どうして「実質無料」でスキルを得られるのか?という点をわかりやすくなっているのは、アニメーションを利用しているからです。

30秒の間に、企業側が伝えたいことが全て盛り込まれているにもかかわらず、しつこくないのも特徴になります。

LIFUL介護

上の動画は、老人ホーム検索サイト「LIFULL介護」のプロモーション動画です。

ターゲットが明確

こちらの動画では、ターゲットをどの年代に訴求するか明確化しています。視聴者の多くは介護が必要な世代となる80代を中心です。また、その子ども世代の40代以上であることを理解しているのです。

高齢者は、視覚的情報が入りにくい傾向になるため、字幕がつけられています。また、動画の早さも少し押さえらており、視聴するであろうターゲットに合わせているのが特徴です。

実際の利用シーンが入っている

登場している高齢女性は、動画内で希望を伝えています。

その望みが最後のシーンで、叶っているのでは?というストーリーです。利用シーンを再現していることで、実際の利用イメージができるよう工夫されています。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


まとめ

今回は、B to C動画マーケティングの特徴とその特徴を上手く取り入れている動画マーケティングの事例を紹介していきました。

動画マーケティングを成功させるには様々なスキルが、必要だと感じている方もいると思います。もし、不安があれば動画制作会社を利用し、スキルを学ぶこともひとつの方法です。

おすすめの記事