tiktok

若いユーザーを中心に今勢いのあるTikTokに運用型広告を配信すれば、10代など若い層への効果的なアプローチができます。将来的には、もう少し年齢層が高めのユーザーにも注目が集まる予想もできる媒体です。

今回は、Tik Tok広告について特徴やメリットと運用する時のポイントを紹介していきます。新たな顧客を獲得するチャンスは、Tik Tokを知る事からですよ。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


Tik Tok広告とは?

Tik Tokは、Bytedance社という中国企業が運営しています。音楽や独特な音に合わせて動画を撮影し、投稿または視聴する動画配信型アプリです。動画広告も違和感なく投稿でき、他の媒体に見られない特徴もあります。

10代がターゲット

Tik Tokのメインユーザーは、10代の女性です。また、国内の月間アクティブユーザーは約950万人ともいわれています。

自社の商品やサービスのターゲットが若い層であれば、Tik Tokを利用することを検討すべきです。

スマホ視聴に特化している

スマホを見る女性

10代の間で爆発的に流行っている理由のひとつに、Tik Tokはスマホ視聴に特化していることが上げられます。近年、インターネット環境が整備されフリーWifiなども普通になり、屋外でも安定して動画も観れるようになりました。

TikTokは開発当初からスマホユーザーを対象にしているため、全画面が縦長使用になる点も理解しておきましょう。

ユーザーが物真似しやすいものになっている

Tik Tokのユーザーは、新しいものに惹かれ、流行るものを物真似する傾向があります。SNSを利用しているユーザーの多くは「承認欲求」を満たすことが目的であるユーザーがいるのも特徴です。

つまり、ユーザーに「これをマネしたい」と思わせるような動画であれば拡散が期待でき効果的なマーケティングが可能だということになります。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


TikTok広告のメリット

メリット

TikTok広告のメリットは下記の2つです。他の媒体と比較して、TikTokだからこそのメリットをご紹介します。

10代にリーチできる

自社の商品やサービスのターゲットが若い層だった場合、TikTokを利用した10代にリーチできることは企業にとって利点です。

流行りは若年層から上へ伝わる傾向にあります。その傾向は、SNSの利用ユーザーにも言えることです。登場当初は、若年層に流行っていたInstagramも最近では定着し30代や40代でも利用に抵抗を持っていません。

つまり、今の内にTikTok広告の運営ノウハウやコツを理解しておけばターゲット層を広げることも可能だということです。

ユーザー参加感を促せる

10代のユーザーの割合が多いTikTokに広告を出稿するメリットは、ユーザー参加感を促すことが可能な点です。

動画広告は、ユーザーにとって受け身になりますがTikTokの場合は、動画広告の発信をきっかけに「いいね!」や実際に動画をマネして自身の投稿とすることも可能になります。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


TikTok広告運用のポイント

マーケティング方法

TikTok広告運用のポイントは下記の5つです。TikTok広告運用のポイントを踏まえた運用を行うことで、自社の商品やサービスのマーケティングを円滑に行いましょう。

10代向けにする

10代は、生まれた頃からスマホが当たり前にある環境で育ち新しいアプリやサイトの情報にも敏感です。また、SNSを活用することも日常では当たり前なのも特徴と言えます。

TikTokを流行らせたのも10代です。TikTok広告は10代向けに作成することが成功のガキになります。

ユーザーが真似しやすい作りにする

TikTok広告で重要になるのは、いかにユーザーの目に留まり拡散してもらえる広告なのかという事です。簡単かつ「かわいい」「おもしろい」と思させるものでなくてはなりません。

「TTポーズ」「縄跳びポーズ」などKPOPの振り付けが、若い世代の日本人の間で流行るのは「簡単でかわいい」からです。覚えてすぐに自分の動画でも投稿できるという所をポイントとして作成する必要があります。

おしゃれでかわいいものを宣伝する

手で作るハートの画像

先にも解説していますが、ユーザーの多くが10代女性で「おしゃれでかわいいもの」に敏感だと認識しなくてはなりません。

TikTokには視聴専門ユーザーも存在し、他のSNSに比べるとその割合は最も多いです。企業にとっては、彼女たちの共感を得る「おしゃれ」「かわいい」というキーワードを念頭に置いた動画広告作成が必要になります。

動画は短くする

画面表示は、Instagramのストーリーズに似ているため構図を考え動画広告を作成する必要があります。TikTokに投稿できる動画時間は、5〜60秒です。

最近では、60秒の投稿も見かけるようになりましたが、大半の投稿は15秒で制作されています。これは、アプリが発表された当初は15秒が最長だったためでユーザーに定着したことも考えれます。

投稿する動画広告は15秒間で自社の商品やサービスの魅力を凝縮する必要があります。

「#チャレンジ」を上手く利用する

「#チャレンジ」広告は、ユーザーに対してお題(#ハッシュタグ)を提供する広告で、マーケティング感がなく商品名や企業名をアピールすることも可能です。

投稿ユーザーは、常にお題を求めているため、目に留まった面白いお題を自分の投稿のネタにしてくれます。投稿を観た視聴専門のユーザーが拡散することで、自社の商品やサービス、自社の社名の認識度が上がる効果が期待できるのです。

#チャレンジ広告と商品のキャンペーン企画をコラボさせ、成功している企業もあり上手く取り入れることも運用のポイントになります。


伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


まとめ

TikTok広告に投稿を検討する場合、10代女性の心を掴み拡散効果が期待できる動画広告を作成することを念頭に置くことが重要になります。短い時間に自社の商品やサービスの魅力を凝縮するための編集スキルが必要です。

もし、不安な要素が多いようであれば、専門の広告代理店に運用を依頼してみるのも有効です。

おすすめの記事