分からない

広報担当者にとって大変なことのひとつといえば「Web広告」の運用でしょう。複数の媒体を利用している場合は管理方法や広告費も異なるため、運用が大変です。

今回は、どうして運営が大変になるのか?効率的に運営するテクニックを紹介します。これを参考に、少しでも円滑でスマートなWeb広告運営のスキルを手にしましょう。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


Web広告運用の辛さ

辛い人の画像

Web広告だからこそ生まれる運営の辛さは、いくつかあります。代表的なものが下記の4つです。

  • 運営するWeb広告の種類が多い
  • 利用している配信媒体が多い
  • 指標が多い
  • サイクルが早い

まずは、上記の項目があてはまっているか確認してみましょう。

運用するWeb広告の種類が多い

動画広告を1つしか運営していない、という企業はおそらく無いでしょう。商品やサービスがあれば、その分のWeb広告が存在します。

メディアで企業や商品の記事を掲載してもらう「タイアップ広告」や、広告主がWeb広告のバナーなど掲載場所を指定する「純広告」など、広告の種類も多いです。

それらを全て管理していくのはやはり大変ですし、ターゲットや目的別に作成されたWeb広告を把握するのも担当者の頭を悩ませる理由のひとつになります。

利用している配信媒体が多い

マーケティング効果を期待して様々な配信媒体を利用している場合は、課金のタイミングが異なった広告費もそれぞれ発生します。

Web広告の掲載が可能な媒体は、YouTubeを始め主なものだけでも5つ以上ありますし、これからどんどん掲載できる媒体も増えるため情報を常に最新のものにしておかなくてはなりません。

また、そのまま放置することも出来ないので媒体ごとに分析や対策を行わなくてはならないので大変です。

指標が多い

Web広告を運営するだけではマーケティングをしているとは言えません。

Web広告が表示された回数「インプレッション数」と表示されたWeb広告がクリックされた回数で割合を出す「クリック率」から動画サイトのユーザーの興味度を測ることもできます。

それ以外にも確認すべき指標があるので指標が多いと感じている…または、複雑すぎると困惑してしまう事もあるでしょう。

サイクルが早い

日本においては得に「流行り」の移り変わりが早く、それに合わせたマーケティング展開を求められます。同じ商品でもユーザーが求める形で動画広告を展開しなければ、思うような成果は上がらないです。

サイクルが早い、つまり新しいマーケティングの対策を常に立てる状況が担当者を苦しめます。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


Web広告を効率的に運用する5テクニック

マーケティングにおけるひらめき

Web広告を運営するに押さえておきたいテクニックが5つあります。効果的に運用するためにもしっかり理解しましょう。

  • 目的を明確にする
  • ターゲティング をする
  • 作成する種類を絞る
  • 通年使用できる内容の広告を作る
  • アドネットワークに依頼して配信を任せる

この5つのテクニックを駆使して、辛いWeb運営を楽しく変えていきましょう!

目的を明確にする

「売上を上げたい」「会社名を知ってもらいたい」など目的を明確にすることが大切です。

目的が明確でないままWeb広告を作成すると、「おしゃれだけど何が言いたいかわからない広告」「どこの会社が作ったかわからない広告」となり広告費の無駄になりかねません。

目的が明確であれば、次に「どんなWeb広告」を制作すればいいのかも明確になります。

ターゲティング をする

ターゲット設定

どんな人に自社の商品やサービスを手にしてもらいたいか?というのはマーケティングを行う上では基本であり、それはWeb広告においても同じです。ターゲティングを慎重に行い、その対象に響く広告とは何か?詳細まで考えましょう。

ターゲットを絞らない闇雲なWeb広告は、運営だけが大変で効果は出ません。

作成する種類を絞る

ターゲットを明確にすると、「どの媒体にどんな広告を出稿すれば効果的なのか」が明確になります。

幅広い年齢層をターゲットにするのであれば、LINEの「タイムライン広告」若い年齢層や女子高生をターゲットにする場合は、TikTokの「インフィード広告」など、媒体に合わせたWeb広告を作成しましょう。

作成する広告の種類を絞ることがポイントになります。

通年使用できる内容の広告を作る

自社の商品やサービスをシンプルに伝えられるWeb広告は、初めて視聴する人にとっては新鮮に映ります。また、季節感のない内容であれば通年使用できます。

作り直すことが不要になるので、広告費を抑えたい場合はここがポイントです。

アドネットワークに依頼して配信を任せる

Webサイトやソーシャルメディアなどの広告媒体を複数集めて、ネットワークでWeb広告をまとめて配信する仕組みをアドネットワークと言います。

アドネットワークに依頼することで、Web広告を掲載している各媒体の管理や運営を別々に行う必要がなくなり、簡単に複数の媒体へ配信できます。


説明用・PR用の動画を検討されている方へ


まとめ

Web広告の運用が上手く出来ていないと感じる時は、その原因をまずは明確にすることが重要です。わからないまま闇雲に運営だけ続けることは担当者にとって辛いことですが、企業にとっても損失になります。

今回は運営が辛い理由と、効率的に運用する改善テクニックをお伝えしました。

まだ不安が残る場合は、動画制作会社に依頼してノウハウを習得する方法もありますよ!

おすすめの記事