YouTube動画広告の作成事例と効果を紹介

年齢層も性別も関係なく、多くの視聴者を誇る「YouTube」動画。つまり、YouTube動画広告を上手く活用できれば多くの視聴者の目に留まり、マーケティング効果があると言えます。

今回は、YouTube動画広告について作成する時のコツと事例を紹介していきます。より良い動画作成に役立てて頂ける内容です。ぜひ参考にしてみてください。

YouTube動画広告作成の3つのコツ

YouTube動画広告作成のコツは、下記の3つです。

  • 違和感を与える
  • 情報を詰め込み過ぎない
  • ターゲットを明確にする

動画広告作成において、気を付けたいことやコツはさまざまありますが、特に、押さえていただきたいコツをあげました。

ひとつひとつ見ていきましょう。

違和感を与える

例えば、ビジネスシーンで、初対面の方との名刺交換。

聞きなれない珍しい名前の方だと、どれだけ会っていなくても、その人の顔を見るとすぐに思い出すという経験はありませんか?珍しい名前というのは「違和感」として、脳が認識するためなんです。

人は、違和感を感じた時、長く「記憶」しておく性質があります。「違和感」を利用したキャッチコピーや宣伝方法を多くみられるのは、その「記憶」にとどめてもらうためともいえます。

情報を詰め込み過ぎない

膨大な情報

動画広告は、視覚・聴覚からたくさんの情報が得られます。

情報を詰め込み過ぎると、しつこくなったり分かりにくいこともあるほか、時には視聴者にとって不快に感じさせることもあるため、注意が必要です。

ターゲットを明確にする

マーケティングにおいて、「ターゲットを明確にする」ことは基本です。

これは、動画広告になっても同じです。ターゲットが明確でない動画広告は、軸がブレたり、当たり障りのないものになってしまい、広告としての効果が出にくくなります。

ここからは、上記で示したYouTube動画広告作成に関するコツを取り入れて成功した事例の紹介になります。とても参考になりますので、ぜひご覧ください。


説明用アニメ動画として日本一の会社はこちら


spoon

上記は、ラジオアプリ『Spoon』の動画広告です。

『Spoon』の動画広告は、5か月で1101万回という再生回数を誇る動画広告もあります。他の動画広告についても再生回数が非常に伸びています。

こちらの動画広告の特徴をいくつかあげてみました。

特徴

動画広告は、どれだけ再生をされるか、いかに動画をスキップされずに最後まで視聴してもらえるか、これらが重要になります。

『Spoon』の動画広告の特徴は、下記の3つです。

  • 短い動画で伝える
  • ターゲットを明確にしている
  • 違和感を与える

では、ひとつひとつ見ていきましょう。

短い動画で伝える

「Spoon Japan」が運営している『Spoon』は、ラジオ配信アプリのYouTube動画広告は15秒の短さで流しています。

15秒という短い時間で、耳からの情報を特に強調しており、「ヘッドホン推奨」しています。そのため、より「ラジオ」のイメージを強くしています。耳からのインパクトが残るのが特徴です。

ターゲットを明確にしている

ターゲット

「ラジオ」というキーワードを強く打ち出しているわけでもないのですが、ターゲットを明確にしているからこそ、この内容でもしっかり伝わります。

配信したいユーザーと視聴したいユーザーの両方にわかりやすく興味が持てる内容です。

違和感を与える

マーケティングにおいて、「違和感を与える=視聴者の印象に残る内容である」ことが重要になります。

こちらの動画広告の違和感は「音(声)」です。動画広告にも関わらず、音(声)にこだわって作成されているので、視聴者も気になるはずです。


従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


YJFX

上記の動画広告は『YJFX』のものです。

『YJFX』は、FX・外国為替を取り扱うヤフーグループの企業です。この動画広告の特徴も、ひとつの事例として記憶に留めておくことで、自社の動画広告作成のヒントになります。

特徴

『YJFX』の取り扱う商品は、知らない人にとっては分かりにくく、難しいイメージがあります。そんな商品を、上手くPRするためには、どんな動画広告を作成したらいいのでしょう。

こちらのYouTube動画広告の特徴は、下記の2つです。

  • 最初に興味を引くようにしている
  • 一見すると内容がわからない

扱う商品やサービスが、一般的な知名度がない場合は、こちらの動画広告が参考になるかと思います。

では、ひとつひとつ見ていきましょう。

最初に興味を引くようにしている

FXや外国為替と聞くと、なかなか興味を持たない人もいます。

「難しい」「自分には関係のないもの」「わからない」というネガティブな印象を持っている人が、この動画広告を目にした時にどういう印象を持つかということを意識しなければなりません。

「ヤフーで始めるFX」というアナウンスとテロップ、キレイな5名の女性がテンポよく舞っている姿に、興味を引かれますよね。そうです、まずは、目を止めてもらうことが大切になるのです。

一見すると内容がわからない

「ヤフーで始めるFX」というアナウンスとテロップに、「ヤフー?FX?」と思考が興味のベクトルに向く効果があります。知っている単語と馴染みのない単語の組み合わせは「違和感」を与えます。

一見すると内容が分からず、確認したい心理が働き最後まで動画広告を視聴してしまうのです。


わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


まとめ

今回は、YouTube動画広告作成のコツを解説しました。『Spoon』『YJFX』の動画広告は、しっかりコツを取り込みかつ自社の商品について多くの視聴者に認識させる内容となっています。

自社の商品やサービスのYouTube動画広告を作成する時の手助けやヒントになれば幸いです。

動画を有効活用したマーケティングは「TSUTA-WORLD EXHIBITION」にご相談ください

おすすめの記事