【広告担当者必見】YouTube動画広告とは?

YouTubeは今、月間で20億人以上の利用者がいると言われています。そのYouTube上では、さまざまな動画広告が配信されており、『YouTube動画広告』という一つの広告ビジネスとして確立しています。

この記事では、YouTubeに広告を配信したいと考えている広告担当者の方に向けて、YouTube動画広告をメリット・デメリットも合わせて徹底解説します!

YouTube動画広告とは?

YouTube動画広告とは? の画像

YouTube動画広告とは、動画配信サイトYouTube内で表示される、さまざまな形の動画広告です。

具体的には4種類あります。

⚫︎ TrueViewインストリーム広告
…動画本編の再生前、再生中に流れる広告で、5秒後にスキップできます。ユーザーが30秒間視聴するか、30秒経過する前に広告を操作すると広告料金が配信者に発生します。

⚫︎ ディスカバリー広告
…検索結果のトップやYouTubeの関連動画の横、サムネイルの左下に表示される広告です。

⚫︎ バンパー広告
…動画の再生前・再生中、再生後に始まる広告で、6秒以内のものです。
ユーザーはスキップできません。

⚫︎ アウトストリーム広告
…スマートフォンやタブレット専用の広告です。
SNS、アプリの広告枠に配信される広告で、YouTubeのユーザー以外にもアプローチできます。

      最も効果が高い宣伝媒体

      YouTubeは、動画配信サイトの中で最もメジャーであり、世界で一番多くのアクセスがあります。

      そのため、YouTube動画広告は、必然的に最も多くの人々に見られる、宣伝効果が一番高い動画広告です。

      誰でも出稿できる

      広告を出せる企業や個人なんて限られていると思われがちですが、実は、YouTube動画広告は誰でも広告を出稿できるものなのです。

      YouTubeに動画をアップロードして、Google広告から出稿の設定を行えば、誰でも動画広告を配信することができます。

      今後さらに拡大する分野

      YouTubeは、世界で一番のユーザー数を持っている動画配信サイトであるだけでなく、昨年、5G(第5世代移動通信システム)が生まれたことにより、通信速度がより高速になることで、今後はさらにユーザー数が増えていくと見込まれています。

      通信速度が高速になり、動画を見やすい環境が整ったことで、YouTube動画広告はさらに拡大していくでしょう。


      従業員がおすすめする動画制作会社ランキング1位はどこ?


      YouTube動画広告のメリット

      では、YouTube動画広告の配信にはどんなメリットがあるのでしょうか?

      それは主に下記の2点です。

      インプレッションが高い

      インプレッションとは、ウェブサイト上に広告が表示された回数のことです。

      YouTubeでは、世界最大の視聴者数を誇る動画配信サイトであり、このインプレッションが非常に高いです。インプレッションが高いということは、動画の総再生回数が高いとも言えるので、多くの視聴者にリーチすることができます。

      短時間で見ることができる

      YouTube動画広告の多くは、短めに作られています。

      インプレッション広告、バンパー広告は自動的に再生されるので、視聴者は偶然目に入った広告内容を瞬時に理解することができます。特に、バンパー広告は合計6秒でスキップもできないため、視聴者に短時間で広告を届けられます。


      わかりにくい商品をわかるようにしたい方はこちら


      YouTube動画広告のデメリット

      一方、YouTube動画広告のデメリットはなんでしょうか?

      下記の3点がデメリットとして挙げられます。

      効果を出すには広告費が高くなる

      インストリーム広告は、大体10~30円程度の入札から始められます。一方、バンパー広告の費用は、自社で広告費を設定し、入札をかける必要があります。

      どちらの広告も宣伝効果を上げるためには、この入札を強くかけていく必要があるため、それに応じて発生する広告費は高くなってしまうでしょう。

      YouTubeを使っていない人には届かない

      YouTube動画広告は、YouTube内で流されるものなので、YouTubeにアクセスしない限りは見られることはありません。

      よって、スマホやタブレットを持っていなかったり、自宅にインターネット環境が整っていない人は、YouTube動画を見ることができないため、ターゲットによっては、YouTubeに動画広告を出しても効果が発揮されないことがあります。

      撮影・編集に時間がかかる

      YouTube動画広告は動画なので、配信するまでには撮影や編集をして、まず動画として完成させる必要があります。

      撮影には多くのスタッフやキャストが必要なうえ、撮影する時間も発生し、さらに映像素材を編集でつないでいくのにも時間がかかってしまいます。

      YouTube動画広告は、カタログやテキストベースの広告と比べると、かかる時間は段違いです。


      説明用・PR用の動画を検討されている方へ


      YouTube動画広告の効果

      YouTube動画広告の効果 の画像

      YouTube動画広告のメリットとデメリットを解説しましたが、いくつかのデメリットはあるにせよ、YouTube動画広告は効果の高い動画広告と言えます。

      一体、どのような効果があるのでしょうか。

      CTRが他の媒体に比べて高い

      CTRとは、「広告がクリックされた回数」を「広告の表示回数」で割った値で、クリック率のことを意味しています。

      YouTubeは、多くの視聴者がアクセスをしているため、動画広告のCTRが必然的に高くなり、そのうえ視聴者が動画を見て購買行動に繋げてくれることまで期待できます。

      広告に興味のありそうな視聴者に向けて宣伝できる

      YouTubeはテレビCMと違って、視聴者の見ている動画の傾向やGoogleアカウントの情報、その視聴者が訪問するウェブサイトの傾向など、視聴者のインターネット上の動きを総合的に判断し、視聴者個別で動画広告を配信します。

      そのため、自社の動画広告を見る相手は、自社のことを知らなくとも、そのサービスに対しては親和性の高い、潜在的な顧客である可能性が高いのです。


      伝わる動画日本一の動画制作会社をお探しの方


      まとめ

      いかがでしたでしょうか。

      今までYouTube動画広告を一度も見たことがない人はほとんどいないかもしれませんが、その中身についてはあまり知らなかったのではないでしょうか。

      YouTube上でのマーケティングは、今後どんなビジネスにとっても、最も重要なものになっていきます。

      YouTube動画広告の配信に、ぜひ挑戦してみましょう!

      動画を有効活用したマーケティングは「TSUTA-WORLD EXHIBITION」にご相談ください

      おすすめの記事